« 休みで雨 | トップページ | コクチョウ »

2006年3月 1日 (水)

国民の不断の努力

Roppou結局今までまともに法律を学んだことがないことが気になっていて、最近、憲法や民法や刑法を読んでみている。やはり知らなかったというか、改めて感ずることがやけに多い。まずは憲法。憲法の前にある“上諭”から、これを巡って日本国憲法の成立に8月革命説という立場が真面目に議論されている、というところから面白い。上諭で一応明治憲法の改正という形を取り繕い、憲法の成立の正当性に気を配っている、しかし本質論からは8月革命なのだろう、連続性がない。
読んでいくと、なんとなく決めつけられている言葉が随所に出てきて気になる。憲法さん、と人格を与えたくなるような書き方だ。例えば、12条、この憲法が保障する自由および権利は国民の不断の努力でこれを保持しなければならない、ちょっと押しつけがましいのではないか憲法さん。憲法さんからここまでいわれなくても、と思う。まるでこの憲法が最高の場所にいるようではないか、もっと高みがあることを憲法さんは知らないみたい。
しばらくは法律で遊べそうだ。

|

« 休みで雨 | トップページ | コクチョウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休みで雨 | トップページ | コクチョウ »